Windows 10でAL-Mailを使う(SSL/TLS対応)ポート番号25、110の変更

BIGLOBEからALMAILをWEBメールなどに変更するよう重要通知があった。春にはポート25と110を閉鎖し使えなくするという。しかしこの措置に対しALMAILはサポート対象外。やれやれ。WEBメールは一般に保存期間や容量に制限がある。何とも住みにくい娑婆である。自己責任でやるしかない。確かにAL-Mail32にはSSL/TLS機能は無いが先達によるとサードパーティ製プラグインを導入することで利用可能となる。
①SecureTunnelをダウンロードし展開したファイルをPluginsフォルダにコピーする
②念のためalmail.exeフォルダにもコピー
③ツール→オプションのサーバ情報:POP3とSMTPサーバー名をlocalhostに変更
④高度な設定のPOP3ポート番号とSMTPポート番号を任意数字、例えば各(8110、8025)を入力
メール認証時に認証するにチェックし認証方式をLOGINにする
⑤ツール→プラグイン・オプション→SecureTunnelのプロパティで
・POP3 OVER SSL この機能を使うにチェック localhostのポート番号 8110
POP3サーバ名、ポート番号は契約プロバイダの指定(例えばBIGLOBEならmail.biglobe.ne.jp 995)
・SMTP OVER SSL この機能を使うにチェック localhostのポート番号 8025
SMTPサーバ名、ポート番号は契約プロバイダの指定(例えばBIGLOBEならmail.biglobe.ne.jp 465)
https://support.biglobe.ne.jp/settei/mailer/overssl.html
SSL詳細設定タブ→WINDOWS標準。TLSV1のみ にチェック
⑥securetunnelから「SSPIライブラリがロードできません」のエラーが出る時
almail32.exeのプロパティから 互換性タブでWindows7互換モードにする
SSL7.jpg

難なく動く。やれ嬉しや。先達に感謝
参考URL
http://www.wa.commufa.jp/~peke/koneta/almail_ssl.html
https://www.cc.hirosaki-u.ac.jp/faqs/al-mail32
https://www.sfc.itc.keio.ac.jp/ja/computer_email_cns_usage_config_win_almail_pop3s.html
https://n-hirahira18.at.webry.info/201512/article_1.html
https://faq.support.biglobe.ne.jp/faq_detail.html?faq_id=12690

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0