ワード・エクセル・パワーポイントにアイコン形式でデータを張り付ける(OLE)

通常オフィスAP相互にデータを張り付ける場合はコピー&ペーストの操作をする。この場合、貼り付け形式にはhtml、text、図、ビットマップ、オブジェクトの各形式を選ぶことができる。「アイコン」で表示できるのはオブジェクト形式の場合で、こうすることで主文AP(ペースト側)には要点を記述し、詳細内容は「アイコン」をWクリックすることで引用AP(コピー側)からデータが主文に表示することが出来て便利である。なおリンク貼り付けも可能。例えばワードにエクセルの内容をアイコンの形で張ったり、エクセルにワードの内容をアイコン形式で張ることが可能。またワードにパワーポイントの内容をアイコンの形で張ってそのアイコンをWクリックしてスライドショーを行うことも可能。
操作はペースト時に形式を選択して貼り付け→オブジェクト→アイコンの表示にチェックを入れるだけ。なおコピーはファイルでも内容の一部でも可能。アイコンの表示も張り付ける際の「形式を選択して貼り付け」ダイアログの「アイコンの変更ボタン」から編集可能である。ちなみに変更アイコンの保存場所は
C:\Windows\System32\shell32.dll (url.dllやimageres.dllなど)
ただし、ファイルを渡す場合には作成元のAPが使用可能かどうかを確認しておかないと埋め込んだアイコンが開けないこともあるので注意が必要
<おまけ>
以下はワード2013にエクセルアイコンを貼り付ける例の手順図である
挿入→テキスト→オブジェクト→ファイルから(タブ)→アイコンで表示にチェック→参照ボタンをクリックしてエクセルファイルを指定
画像

参考URL
http://office.microsoft.com/ja-jp/word-help/HP010198874.aspx
http://office.microsoft.com/ja-jp/powerpoint-help/HA010204555.aspx
http://rikaizm.wordpress.com/category/word/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1443267609
http://office.microsoft.com/ja-jp/word-help/HA010120810.aspx
http://office.microsoft.com/ja-jp/excel-help/HP010217697.aspx

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)