Almailの添付ファイルが保存/開けない(AL-Mailの添付ファイル名が保存時表示されない)

Windows Vista、Windows 7からAL-Mailを利用していると、添付ファイル保存時のファイル名が表示されないことがある。その場合は、「AL-Treatment」をプラグインに追加すると正常に動作する。手順は以下の通り
1:「altreatment004.zip」を解凍したら、「alTreetment.dll」というファイルをAL-Mailのプラグインフォルダ(C:\Program Files\Almail32\Plugins)にコピーする。AL-Mailを再起動し、もういちど受信した添付ファイルをクリックすると、正常にファイル名が表示される。
参考URL
http://blog.simoyan.jp/archives/2009/04/al-mail_3.html
2:添付ファイルを直接開けない場合
WIN7の64ビット版/システムドライブ以外にAlmailをインストールした場合に多くあるトラブル。PDFに関連付けされないケースも多い。これもプラグインALGlanceを入れてメイン画面を3ペインにしてメール表示させ当該添付ファイルのアイコン表示から開けば間接的ながら解決する
(但し添付ファイルを開くAPと同じプログラムがすでに開いていると失敗することがあるので要注意)
http://hp.vector.co.jp/authors/VA020772/ALGlance.txt
なおC:\Program Files\Almail32\Mailbox\temp」フォルダを作成しフォルダのアクセス権を変更する解決方法も公開されている
http://blog.simoyan.jp/archives/2009/09/windows_vista7a.html
3:全ファイル保存できない
これも上記3項のプラグインALGlanceで間接解決する。ただし保存は3ペイン最下部右部分の添付ファイル表示位置で右クリックして「全ファイル」保存すること。ツールバーでの操作は保存ファイルの中に”certification”の文字が出て失敗する
4:さまざまなプラグイン
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/9970/plugins32.html
先達に感謝。
<おまけ>
なおプラグインのためHTML形式のある種のメールが受信できず以降ALMAILが起動できなくなる不具合が起きることがある。このような時は一時プラグイン(特にALGlance)を削除して対応する
参考URL
http://www.crosstech.co.jp/soft/other/
http://liblog.seesaa.net/article/138228607.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス